ポケットサラリー

株で300万円損した経験を元にサラリーマン向けの低リスクな副業、投資、転職情報をご紹介します。

アイドラッグストアで海外のジェネリック医薬品を買えば薬代の節約に【6年間の使用実績あり】

僕は6年前(2012年)からフィンペシア(プロペシアのジェネリック)を飲んでいます。

AGA(男性型脱毛症)治療薬として有名なプロペシアは健康保険適用外なので、とても高価です。

しかし、個人輸入サイトであるアイドラッグストアを利用すればフィンペシアが一月あたり756円で購入する事が出来ます。

アイドラッグストアはフィンペシアだけでなく抗アレルギー薬なども取り扱っているので、普段飲んでる薬も病院で診察を受けずに手に入れる事が出来ます。

個人輸入サイトとは

個人輸入代行業者(こじんゆにゅうだいこうぎょうしゃ)とは、個人輸入に係る手続きの代行を業として行う者で、注文、支払い、通関、配送などの手配をする業者を指す。雑貨輸入代行、ペット輸入代行、等
近年のインターネット普及に伴い、ネット上で注文を受け付ける業者も多い。業者ごとに得意分野があり、家具に強い業者や車に強い業者などが存在する。なお、輸入代行業とは通関代行(乙仲業者)のことをさし、個人輸入代行者とはまた別の業種である。
引用:個人輸入代行業者 - Wikipedia

その名の通り個人の代わりに商品を輸入してくれるサイトです。
海外の商品を個人で輸入しようとすると、英語がわからないと出来ませんが、個人輸入サイトを使えば英語がわからなくても通販で買うように商品を購入する事が出来ます。
アイドラッグストアは薬の個人輸入代行サイトです。

アイドラッグストアの安全性

アイドラッグストアーはオズ・インターナショナルが運営する国内商品・海外のED薬・ジェネリック医薬品・育毛剤・医薬品の個人輸入代行通販サイト。
厚生労働省の指導基準に基づき海外の正式な薬局から調達していますので100%安心です。
アイドラッグストアーについて | アイドラッグストアー

よく個人輸入サイトの危険性が指摘されますが、アイドラッグストアは1997年設立の大手個人輸入サイトで安全です。

僕も6年間使っていて偽物が届いたことはありませんし、一度も商品が届かなかったりしたことはありません。

アイドラッグストアのおすすめの利用法

アイドラッグストアでは様々な薬を取り扱っているのですが、僕が主に利用している目的は以下の3つです。

1.保険適用外の薬(プロペシアなど)の購入

・プロペシアの価格は高い

AGAの治療薬プロペシアは、健康保険適用外なので病院で処方してもらうと非常に高価です。

自由診療なので病院によって価格も違います。クリニックでの価格を調べてみました。

プロペシア1箱28錠の価格比較

クリニック名 通常品 ジェネリック
横浜中央クリニック 7500円 5000円
イースト駅前クリニック 7800円 3800円
表参道ウィルAGAクリニック 7000円 7000円
AGAスキンクリニック7000円 6000円

一番安いイースト駅前クリニックだとしても1年間で45,600円です。

この薬代だけでなく交通費や診察代もかかるのでAGAの治療はお金がかかりますね・・・

・アイドラッグストアでフィンペシアを購入すれば月額756円

一方、フィンペシアをアイドラッグストアで購入すると、150錠(約5ヶ月分)で3780円で購入する事が可能です。

月額たったの756円、1年間飲み続けたとしても9072円しかかかりません。

花粉症の薬などの常用薬(抗アレルギー薬)の購入

花粉症の時期に病院に薬を貰いに行くと思いますが、毎年同じ薬を貰うのに診察代とか処方箋代とかかかるのはおかしいと思うんですよね。

そんな時にアイドラッグストアを使えば診察も処方箋も必要ありません。

例えばジルテックというアレルギーの薬があります。

病院で処方して貰う場合と、アイドラッグストアで買った場合を比較してみましょう。

1ヶ月分の薬価格
・病院処方のジルテック通常薬
1錠70円×30錠=2100円、3割負担の場合630円
・病院処方のジェネリック医薬品
1錠33.3円×30錠=999円、3割負担の場合299.7円
・個人輸入サイトのジェネリック医薬品
1錠16.6円(150錠2490円)×30錠=498円

薬の価格だけを見ると病院処方のジェネリック医薬品が一番安いです。

しかし病院はせいぜい1ヶ月分しか出してくれないので、これに診察料や処方箋代がかかる事を考えるとアイドラッグストアの方が安く済みます。

ただしすべての薬がこのように安いわけではないので、お得だなと思った薬だけ買っています。

医者が処方してくれない薬(ステロイド薬など)の購入

引っ越した時や、かかりつけの病院が潰れてしまった時などは新しい病院を探さなければなりません。

僕は花粉症のためセレスタミンという薬を中学生の時から飲んでいたのですが、この薬の成分にステロイドが含まれているという理由で、処方してくれない病院が多くなりました。

そんな時もアイドラッグストアを利用すれば、同じ薬が手に入るので便利です。(セレスタミンは通常品とジェネリックの薬価があまり変わらないので病院でもらえるならそちらの方が安いです)

アイドラッグストアのお得な利用法

アイドラッグストアはメルマガに登録しておくと、かなりの頻度で500円引きのクーポンが届きます。

僕はいつも3780円のフィンペシアを3280円で購入しています。

個人輸入サイトを使う際の注意点

大手サイトだけ使う

個人輸入の薬には偽物も存在します。
ED治療薬には特に偽物が多いそうです。
個人輸入で失敗1【マンガで解説】|ED大辞典

こういった偽物をつかまされないために大手のサイトだけ利用するのが無難です。

他にも注文したのに届かないというトラブルも減らせます。
アイドラッグストアかオオサカ堂あたりを使っておけば間違いありません。

副作用に気をつける

本物の薬であっても副作用が出る可能性は避けられません。
普段使っている薬を買うなら偽物でもない限り副作用の心配は無いと思いますが、始めて使う薬の場合は気をつけて下さい。
何か異常を感じたらすぐに病院に行きましょう。

あくまでも自己責任

個人輸入サイトは自己責任なので、精神安定剤やED治療薬など、怪しかったり、副作用が強そうなものは避けた方が無難です。

アイドラッグストアのおすすめ利用法まとめ

・保険適用外の薬が安い

・常用薬も場合によっては安い

・処方制限のある薬も手に入る

ネットで調べると個人輸入サイトで薬を購入するのは危険だという情報が出てきます。

しかし、それらを主張するのは病院や厚生労働省などの海外製の薬を買われると自分の儲けが減って困る人達です。

確かに自己責任ではありますが、アイドラッグストアで買えば偽物はほぼ無いと思われますので、使用経験があり副作用が出ないとわかっている薬などは利用すると便利です。

プライバシーポリシー お問い合わせ