ポケットサラリー

株で300万円損した経験を元にサラリーマン向けの低リスクな副業、投資、転職情報をご紹介します。

自分の記事がGoogleの検索結果に表示されない場合の対策

今日なんとなく自分の記事をGoogleで検索していたら、全然検索結果に表示されない記事がある事に気付きました。

いくらつまらない記事でも、大抵の場合、記事タイトルで検索すると10位以内には出て来ます。

ブログ立ち上げ当初はまだインデックスされてないのかな?なんて思っていたのですが、明らかに違うようです。

今回は自分の記事がなぜGoogleの検索結果に表示されないのか、原因と対策を考えてみました。

まず行ったこと

63個の記事タイトルをすべてgoogleの検索にかけてみました。

その結果、検索結果に表示されない記事には2種類ある事がわかりました。

1.古い記事で記事タイトルの変更をしている記事

このタイプの記事は古いタイトルのままインデックスされているため、サーチコンソールでFetch as Googleを実行してやると、すぐに検索結果に表示されました。

2.タイトルを変更してないのに検索結果1ページ目に表示されない

こちらが問題で、URLで検索してやると出てくるのですが、タイトルで検索しても1ページ目に表示されない。

ということは1ページ目に表示されていないだけで、どこかにはあるようです。

検索結果に表示されない記事の数

このブログは現在63記事あるのですが、その中で8件の記事が記事タイトルで検索しても1ページ目に表示されませんでした。

検索結果に表示されない8件の記事のタイトル

・AI(人工知能)で運用する投資信託とは?
・クレジットカードで節約
・サラリーマンの副業の始め方
・なぜブラック企業のサラリーマンは辞められないのか?
・アルバイトEXで祝い金3万円がもらえる!口コミ・評判は?
・年収を上げるための転職のコツ
・薬の容器代で節約!
・不動産投資はいくらからはじめられる?

検索結果に表示されない考えられる原因

・タイトルが短いため、キーワードが少なく、競合サイトに負けている

「クレジットカードで節約」とか短すぎですね。

キーワードが2つしかないくせに競合も多いキーワードです。

・同じような名前の記事が競合サイトに存在する。

「サラリーマンの副業の始め方」とかは全く同じタイトルの記事がありました。

そりゃぁ表示されないよね・・・

自分の記事がGoogleの検索結果に表示されない場合の考えられる対策

・タイトルを変更している場合は対象の記事に対してFetch as Googleを行う

・同じような名前の競合サイトの記事がある場合は名前を変更する。

・記事タイトルが短すぎる場合も名前を変更する。

今回検索結果に表示されなかった記事はブログを立ち上げた頃に何も考えないで書いた記事が多かったです。

よほど有名なブログでない限り、短めの記事タイトルは他の大手ブログやホームページに負けてしまいます。
(検索数が少ないニッチなキーワードなら別ですが)

記事タイトルは長めのタイトルにしておくのがよさそうですね。

ちなみにパーマリンクが原因の場合もあるそうです。
記事タイトルで検索しても検索結果に表示されない場合の対処法! | かずぽんノート

プライバシーポリシー お問い合わせ