ポケットサラリー

株で300万円損した経験を元にサラリーマン向けの低リスクな副業、投資、転職情報をご紹介します。

SMAM投信直販の3つのデメリット

先日、SMAM(三井住友アセットマネジメント)のメリットをご紹介しました。

okashin111.hatenablog.com

ではSMAMのデメリットは何でしょうか?

今回はSMAMのデメリットをご紹介します。

SMAMのデメリット

1.取り扱い商品が7本しか無い

証券会社の中で一番多くの投資信託を取り扱っているSBI証券では2500本以上の商品を選ぶ事ができます。
しかし、SMAMは自社商品の7本しか無いので選択肢が少ないです。

2.SMAM固有の商品が無い

他の直販投信の「さわかみファンド」などはさわかみ投信会社でしか購入出来ないのでメリットがあります。
しかし、SMAMの商品はSBI証券楽天証券でも買えるため、あえてSMAMを使う意味がありません。

3.最低投資金額が高い

SBI証券は100円から積み立てる事が出来ます。
対してSMAMは通常購入は1万円、積立購入は1000円からなので、やや高めです。

SMAMのデメリットまとめ

・取り扱い商品が7個しかない
・SMAMの商品は他の証券会社でも買える
・最低投資金額が高め

どれもたいしたデメリットでは無いのですが、メリットが少ない事の方がネックですね。

今のところ以下の2点くらいしかメリットが思いつきません。
投資信託初心者に優しい
・5000円分のAmazon商品券を貰える

今度、大和住銀と合併するらしいので、限定商品や、優遇サービスが出てくるといいですね。

今なら2018/6/29までに5000円積立すると5000円分のAmazon商品券がもらえます。
絶対損しないので、まだ貰ってない人は貰っちゃいましょう!

公式サイト SMAM投信直販ネット

プライバシーポリシー お問い合わせ