ポケットサラリー

株で300万円損した経験を元にサラリーマン向けの低リスクな副業、投資、転職情報をご紹介します。

月収100万円!?ヒルナンデス主婦の副業で稼ぐを見た感想

先日、ヒルナンデスのドケチ隊と言うコーナーで「主婦の副業で稼ぐ」という放送を見ました。
そこにはなんと、月収100万円を稼ぐカリスマ副業主婦が出演していました。
どのようにして月収100万円を稼いでいるのでしょうか?
今回はその内容をご紹介します。

番組内容

フリマアプリを利用して副業で稼いでいる主婦3人が登場しました。
その内容を松本明子と雛形あきことオードリー春日が体験し、実際に出品して売れるのか?という放送内容でした。

手作りスマホケースで月30万円

最初に手作りスマホケースで稼いでいる和田さんが登場、なんと月に30万円も稼いでいるそうです。

作り方は無地のスマホケースに、ホームセンターや手芸店で売っているドライフラワーなどをレジン液で重ね塗りしてUVライトをあてて固めます。
調べてみたらこのUVライト装置は2000円程度で買えるようですね。

材料の無地のスマホケースは100円のクリアケースと500円〜1000円の手帳型の二種類。
手帳型の方が出品している人が少なく人気があるようです。

そして出演者3人が和田さんに教わりながらスマホケースを作ります。
松本明子は四葉のクローバーのクリアケース、雛形あきこはストロベリーの手帳型のケース、オードリー春日はピンクの花柄の手帳型のケースです。

松本は材料費1000円で価格1800円、雛形は材料費1,600円で価格2,300円、春日は材料費1,700円で価格3900円で出品しました。

その後、フリマアプリで1ヵ月半匿名で販売した結果、松本明子と雛形あきこは売れてオードリー春日は売れませんでした。
やはり安い方が売れるのでしょうか。

しかし、和田さんは材料費1,500円のものを販売価格3,800円で売っているそうなので、売れるデザインとかあるのかな?
その辺は説明していませんでした。

消しゴムハンコで月10万円

次に出てきたのは消しゴムはんこを作って月10万円稼ぐ主婦安藤さん。

僕は全然知りませんでしたが、消しゴムに彫刻刀で絵や文字を彫る消しゴムはんこと言うのが流行っているらしいです。

材料はハンコ用の消しゴムと、100均で売っている持ち手で、材料費は一個あたり50円しかかからないそうです。
材料費がかからないのが魅力ですね。

消しゴムハンコは編集でカットされたのか、三人は作っていませんでした。

月収100万円!売れる商品は手作りアクセサリー!

最後に出てきたのはハンドメイド歴3年の奥平さん。
なんと手作りアクセサリーで月収100万円!!
羨ましい!

最高で150万円売り上げたそうで、もともとブライダルドレスの手直しやアクセサリーを作る仕事をしていたそうです。
やっぱり稼ぐ人は元々技術があるんですかね。

奥平さんは材料費320円だとしたら販売価格1,100円で出品しているそうです。
スマホケースより割が悪そうに見えますが、アクセサリーの方が需要があるという事なんでしょうか。

さっそく出演者3人がアクセサリー作りを始めます。
松本明子は青いパール、雛形あきこはベーシックなパール、オードリー春日はとても大きいパールをベースにした奇抜なデザインの「魔除け」と名付けたネックレスを出品しました。
春日のアクセサリーはとても売れそうに無いですがどうなんでしょうか・・・

松本は材料費300円を800円、雛形は材料費240円を600円、春日は材料費640円を1,300円で出品。
結果は・・・

なんと全員完売!まさか春日の「魔除け」まで売れるとは!

これを見ると結構どんなものを作っても売れそうな気がしてしまいますね。
アクセサリー販売おそるべし!

所感

手作りで物を売って稼ぐ副業方法というのは昔からあります。
作っても売れない、元が取れない、割にあわない、というイメージがあったのですが、月100万円も稼げるとは驚きです。

ただ、僕のようなサラリーマンは時間が無くてちょっと難しいかな?
サラリーマンには隙間時間で稼げるクラウドワークスがおすすめです。
クラウドワークス

プライバシーポリシー お問い合わせ