ポケットサラリー

株で300万円損した経験を元にサラリーマン向けの低リスクな副業、投資、転職情報をご紹介します。

サラリーマン必見!おすすめ投資ベスト5!

サラリーマンだと、毎年大した昇給も無く、将来も不安、かといって貯金してても増えないから投資でもしてみるかと思っている人いませんか?

実は今書いたのは僕が投資を始めた理由です。

でも安易に始めると僕みたいに大損するかもしれません。

そこで、今回は僕の経験を元にサラリーマンにおすすめな投資ベスト5をご紹介します。

 

選定の基準

サラリーマンは忙しいのでなるべく手間がかからないもの、さらに給料には個人差があるので少額から出来るものが選択の基準になっています。

 

1位は最近話題の「ロボアドバイザー」

ロボアドバイザーとは投資家に代わってコンピュータが資産運用をしてくれるサービスです。

最初に簡単な質問に答えるだけで運用プランを決めて、運用を開始してくれます。

 

メリットは手間がかからない事

ロボアドバイザーはとにかく手間がかからないという事が最大の魅力です。

ロボアドバイザーはすべて自動なので、投資商品を選ぶ手間すら必要ありません。

とにかく手間がかからないので忙しいサラリーマンにおすすめです。

 

デメリットは新しい技術なので実績が無い事

現在一番人気のウェルスナビはサービス開始が2016年7月、日本初のロボアドバイザーのTHEOでもサービス開始が2016年2月16日、とまだ2年くらいしか経っていません。

そのため、運用実績が短いので今後どのような結果になるか予測しにくいです。

 

最低必要額や手数料は?

最低必要金額は10万円、積立金額は1万円から、手数料は年間1%なので、投資信託よりは必要資金や手数料が高めです。

もう少し手間がかかっても必要資金や手数料を少なく始めたいという方は次の投資信託をおすすめします。

 

おすすめのロボアドバイザーは?

ロボアドバイザーは何種類かあるのですが、国内で一番利用者が多く運用成績も優秀なウェルスナビをおすすめします。

先日僕も口座開設しましたが、口座開設にありがちな面倒なアンケートなどが入っておらずとてもスムーズに行えて、とにかく手間がかからなくて素晴らしいです。

 

その他の詳細は公式サイトからご覧ください。

ウェルスナビ

 

2位は昔からある「投資信託

投資信託とは、たくさんの投資家から集めた資金を、ひとつにまとめて、運用のプロが国内外の株式や債券などに投資するしくみです。

投資では株に次いで有名なので知ってる人は多いと思います。

僕は投資を始めた一番最初に投資信託を始めて少し利益が出ていたのですが、株の方が手っ取り早く儲かりそう!と思って辞めてしまいました。

あのまま投資信託を続けていれば大損する事は無かったと思います。

 

メリットは少額から出来て、手数料が安い

投資信託少額で始められる事と手数料が安い事が魅力です。

最低投資金額は100円から、なんとコーヒー1杯の値段で投資出来ます。

手数料は投資信託によって変わるのですが、一番安い投資信託は手数料が年間0.159%と100万円を一年間預けても1590円しかかかりません。

 

デメリットは選択肢が多い事

投資信託は現在2000種類以上あります。

投資信託によっては手数料がとても高く、質の悪い投資信託も沢山あるので、手数料の安い良い投資信託を選ばなければなりません。

 

お勧めの投資信託会社は?

投資信託はどこでも買えるので自由に買ってください、と言いたいところですが初心者の方でしたらSMAMがおすすめです。

 SMAMは投資信託専門の会社で、扱う商品が7つしかないので選ぶのに迷うことがありません。

ホームページも初心者向けに投資信託の色々な事が説明してあり、とても勉強になります。

 

口座開設方法はこちら

 

詳細は公式サイトからご覧ください。

SMAM投信直販ネット

 

3位は安定しているのが魅力「ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとはお金を借りたい会社に個人で融資をする事が出来るサービスです。

昔は会社に個人でお金を貸せるのはお金持ちだけでしたが、インターネットを使って沢山の人からお金を集める事によって、個人でも少額から会社に融資する事が可能になりました。

 

メリットは高利回りで安定している事

ソーシャルレンディングのメリットは、投資した商品の価格の変動が無い事です。

他の投資は常に価格変動があるため、始めてすぐマイナスになる事もあります。

しかし、ソーシャルレンディングは投資した商品の価格の変動が無いため、毎月安定した利益が見込めます。貸し倒れが発生しない限り、損する事はありません。

そして利回りも良く、一年で5〜15%の利益が見込めます。

 

デメリットは保証が無いため運営会社の倒産が一番のリスク

ソーシャルレンディングの一番のデメリットはソーシャルレンディング運営会社自体の倒産です。

この記事で紹介している他の投資はすべて信託保全といって、会社が潰れても口座にあるお金は1千万円まで保証されます。

しかし、ソーシャルレンディングだけはそれがありません。

そのため、複数のソーシャルレンディングサイトに登録してリスク分散する事をおすすめします。

その他にも投資先の貸し倒れリスクや契約期間が終わるまでキャンセル出来ないといったデメリットもありますが、保証されないのが一番のリスクでしょう。

 

 

最低必要額や手数料は?

ソーシャルレンディングサイトによって違いますが、最低投資額は1万円から、手数料はかかりません。

手数料がかからない理由はソーシャルレンディングサイトが投資先の会社から手数料を取っているからです。

 

おすすめのソーシャルレンディング会社は?

ソーシャルレンディングを日本で最初に提供し、かつ最大手の会社であるmaneoがおすすめです。

ソーシャルレンディング maneo

ただし、先ほど書いた通り、リスク分散のために複数のサイトに登録する事をおすすめします。

 

4位は株主優待が魅力「株の現物取引

株の現物取引というのは自分のお金で行う一般的な株式投資の事です。

株にはもう一つ信用取引というものがあり、そちらは自分のお金以上の金額を投資する事が出来るので非常にリスクが高いです。

信用取引と切り分けるために現物取引と書きました。

 

メリットは株主優待とハイリターン

株主優待は他の投資にはない株式投資の一番の魅力です。

例えばカラオケのシダックスだと48600円から株が買えるのですが、2700円分のシダックスで使える商品券が貰えます。

株価が変わらなければ株を持っている限り毎年2700円分シダックスで遊べちゃいます。

もう一つのメリットは今まで紹介した中で一番リターンが大きいという事です。

ニンテンドースイッチが売れている任天堂の株価は5年前の2013年1月は9180円でしたが、2018年5月現在46000円となっています。

5年で5倍になったわけです。

「それはスイッチが売れたからでしょ?」という声も聞こえそうですが、他にもあります。

 

無印良品を売っている良品計画は2013年1月は5320円でしたが2018年5月現在38550円となっています。こちらは5年で約7倍!

無印良品がすごく売れている!なんて話聞いた事ありますか?世の中の人は沢山無印良品を買っているという事ですね。

こうやって知らなかった事に気付けるのも株のメリットかなと思います。

 

デメリットはハイリスクと必要投資額、自制心が必要な事

投資先の会社が倒産したら株の価値が0になるのでハイリスクです。

そのため色々な会社に分散してリスクを減らさなければなりません。

安い株で分散したとしても100万円くらいは必要になります。

 

そして、個人的にデメリットだと思うのは現物取引を始めると信用取引にも手を出してしまう可能性がある事です。

1年目に少し勝ったからといって調子に乗って信用取引を始めて大損するのはよくある事です。

僕の場合は負けてる金額を取り返そうと信用取引に挑戦した結果、大失敗しました。

 

最低必要額や手数料は?

2018年5月現在、株式会社ランドが1500円から買えますが、極端に株価が安い会社は低位株と呼ばれ、倒産するリスクや、値動きが激しい、取引している人が少ない、といった特徴があるので初心者は手を出さない方がいいとされています。

先ほども書きましたが、最低でも安い株で分散したとして100万円くらいは必要でしょう。

手数料は証券会社によって異なりますが、有名なSBI証券なら一日10万円まで手数料がかかりません。

 

おすすめの証券会社は?

株の場合、証券会社の違いは手数料と使い勝手です。

 

僕はSBI証券楽天証券GMOクリック証券の口座を持っていますが、一番使い勝手がよかったのは、業界最大手のSBI証券でした。

株をはじめるなら。
SBI証券の口座開設ができます。(無料)

 

5位は外貨預金よりお得「FXのスワップ金利

リスクが高いためおすすめできない投資で紹介したFXですが、レバレッジを1倍にしてスワップ金利だけを狙う事でとてもリスクの低い投資に変わります。

 

レバレッジとは

少ない資金で大きな金額を投資出来る仕組みです。

自分の資産以上のお金を動かすため、借金を背負う可能性もあるためおすすめ出来ません。

 

スワップ金利とは

2国間の金利差から得られる利益のことです。

アメリカの金利が1.4%で日本の金利が0.1%の場合、1.3%の金利が貰えるわけです。

例えばGMOクリック証券の場合、ドル円だと1万通貨あたり1日68円のスワップ金利が貰えます(2018年5月現在)

 

メリットは手数料が安いので外貨預金よりお得な事

外貨預金だと両替する時に1%もの手数料が取られます。

例えば100万円預けていた場合、1万円手数料を取られます。

それが、FXだと会社にもよりますが、30円~300円の手数料で済みます。

 

デメリットは必要投資額と自制心が必要な事

レバレッジ1倍にするためには2018年5月現在、ドル円で約110万円かかります。

そして、株と同じく、自制心が無いと高レバレッジで取引をして大損します。

僕もFXで失敗しています。経験談はこちら

自制心の無い人は1位から3位までのどれかをおすすめします。

 

おすすめのFX会社は?

なるべくスワップ金利が高い証券会社を選べばいいのですが、スワップ金利は日々変動するため、一概にここがおすすめ、というのがありません。

とりあえず外為オンラインスワップ金利が高めでおすすめです。

外為オンライン

 

番外編 銀行預金

将来住宅ローンを組む予定がある人は銀行預金がおすすめです!

えっ?銀行預金?と思われる人がいるかもしれません。

その理由は、住宅ローンの一括払い(返済)にあります。

住宅ローンを組むと現在の低金利でも1%前後のローン金利がかかります。

これを現金で一括返済してしまえばローン金利がかからないので1%の利率で運用しているのと一緒です。

全くリスク無しで年利1%の利率で運用できる投資ってほとんど無いですよ。

10年間住宅ローン減税を使った方が得と言う人もいますが、銀行預金は沢山借りるほど手数料がかかるのでなるべく現金で払ってしまった方が良いです。

せめて定期預金の方がいいのでは?と思う方がいるかもしれませんが、イオン銀行ではイオンカードと銀行口座を両方持っていると定期預金と同じ預金金利の0.1%になります。

他のメガバンクと比べても断然イオン銀行の方がお得です。

 

まとめ

・時間が無い方はウェルスナビ一択

・多少時間がある方は投資信託もやってみるのがおすすめ

ソーシャルレンディングは保証が無いので、これだけに投資するのはリスク大

・株とFXは自制心の無い人は気を付けましょう。

 

そして、一番重要な事ですが、投資は元本保証がありませんので、余裕資金で行いましょう。

プライバシーポリシー お問い合わせ