ポケットサラリー

株で300万円損した経験を元にサラリーマン向けの低リスクな副業、投資、転職情報をご紹介します。

仮想通貨は危険! 【副業に向かない5つの理由】

2017年に大人気となった仮想通貨。

テレビでも頻繁に取り上げられ、今年の新語2017に「仮想通貨」という言葉がランクインしたり、仮想通貨元年、億り人など、さまざまなところで話題になっています。

しかし、そんな仮想通貨ですが、サラリーマンの投資としては危険なのでおすすめ出来ません。

今回は仮想通貨がいかに危険かを、FXと比較しながら解説します。

※これより先は仮想通貨はビットコイン、FXはUSD/円を前提としてお話しします。

仮想通貨が危険な5つの理由

危険な理由1.最大レバレッジが高い

レバレッジとは少ない資金で大きな資金を動かせる仕組みの事です。

FXと同じく、仮想通貨のレバレッジも25倍となっています。

例えば資金4万円が仮想通貨の口座にあれば100万円分の取引が出来るわけです。

4%価格が下がったら資金が0円、10%下がったら6万円の借金にになるという事です、恐ろしいですね。

先物取引は10倍、信用取引は3倍程度である事を考えると、かなり高いレバレッジである事がわかります。

レバレッジの高い商品は危険性が高いので副業に向いてません。

もちろん、レバレッジの倍率は個人で選択可能です。

危険な理由2.ボラティリティ(変動率)が高い

仮想通貨がボラティリティとは金融商品の価格が一日でどのくらい動くのかを数字にしたものです。

仮想通貨のボラティリティはFXの10倍以上です。

FXでは一日に変動する価格は平均1%以内です。

しかし、仮想通貨は10%以上普通に動きます。こちらの記事は記憶に新しく一日で40%も下落しました。

全文表示 | ビットコイン40%減、仮想通貨軒並み急落 テレビで「億り人」特集した翌日に : J-CASTニュース

先ほどのレバレッジ25倍で40%下落したら一日で逆億り人になってもおかしくありません。

逆億り人になったら副業とか本業とか言ってられませんね。

危険な理由3.税率が高い

仮想通貨は2018年現在、税率が非常に高いです。

株やFX、先物取引は分離課税という税率に分類され、一律20%しか税金がとられません。

しかし、仮想通貨は総合課税といって、税率が最大55%も取られるようになっています。

それゆえ、去年は1億儲かったけど、年が明けてから大暴落なんて事になると、税金を払えないという事態もあるようです。

FXも昔は55%で、一律20%に変更された歴史があります。

その頃もFXで同じように税金を払えないという話がありました。

歴史は繰り返すというか、新しい投資に法律が間に合っていないだけの気がしますが・・・

法律は法律ですので気を付けましょう。

危険な理由4.取引所の破綻リスクがある

FXは2010年2月の内閣府改正によって、FX会社に対して証拠金の全額信託保全が法律で義務化されました。

FXは今のところこういった法律が無いので、もし自分が使っている仮想通貨取引所が倒産したら、取引所に保管している自分の仮想通貨は全て失われることになります。

現状はビットフライヤーが最大日本円換算で500万円分まで補償制度を設けています。

危険な理由5.24時間365日取引が出来る

多分これは仮想通貨取引が流行した原因の一つでもあり、メリットでもあります。

しかし、僕はこのせいで、休日もゲーム感覚でデイトレード(短期取引)を繰り返してしまう危険性があると思います。

FXもそうですが、デイトレードは取引を繰り返すため、スプレッド(手数料みたいなもの)分損しています。

運営会社にとって一番美味しい客です。

デイトレードで勝ち続けている人は1割以下といわれています。

仮想通貨は危険!副業に向かない5つの理由まとめ

FXと仮想通貨の比較

  仮想通貨(ビットコイン) FX(USD/円)
レバレッジ 最大25倍 最大25倍
ボラティリティ 非常に高い 低い
税金 最大55% 20%固定
取引時間 24時間365日 24時間平日のみ
会社は破綻した場合 基本的に補償無し 全額補償

 
仮想通貨は2017年に一時20倍以上値段が上がった事でバブルの様相を呈しています。

ただでさえ今回ご紹介したように危険性の高い仮想通貨です。

これから始める人は高値を掴む可能性があり、危険性はさらに増します。

2017年4月から仮想通貨法(仮想通貨に関する資金決済法の改正)が施行され、仮想通貨という存在が法律的に認められました。

すでに人々に仮想通貨の存在が知れ渡ってきたといえます。

もし仮想通貨をこれから始めようとしている方は、くれぐれも気を付けてください。

2018年10月2日追記
「億り人」は泡沫の夢…大暴落で泣いた仮想通貨トレーダーの今 | ハーバービジネスオンライン

現在仮想通貨は低迷しているようですね。今後再び上がってゆくのでしょうか?

プライバシーポリシー お問い合わせ