ポケットサラリー

株で300万円損した経験を元にサラリーマン向けの低リスクな副業、投資、転職情報をご紹介します。

サラリーマンの副業の始め方

政府が早ければ2018年度中に副業を解禁するというニュースが流れています。

それを受けて、いち早く副業を解禁する企業が出てきているようです。

そこで、今回はこれから副業をはじめようとしているサラリーマンのために、

副業の始め方をまとめました。

 

準備編

就業規則を確認する

サラリーマンが副業を始める時に一番大事なのは、本業の会社とトラブルにならない事です。

まずは就業規則を確認しておきましょう。

大企業なら大抵、自社のネットワークで見れるようになっています。

小さい会社でも、入社する時に冊子を渡されます。

就業規則を確認した時、以下の3つの可能性があります。

 

1.副業が許可されている場合

この場合は問題ありませんね、好きな副業を選びましょう。

 

2.明確に「副業」という項目がある場合

第○条(副業)
社員は、副業を行うときは事前に会社の許可を得なければ就業時間外といえども副業に従事してはならない。

第○条(兼業の許可)
従業員は、会社の許可なく他の業に従事してはならない。

これは例ですが、こんな感じで書いてあるそうです。

 

3.就業規則に副業という項目が書いていない場合

僕の会社では就業規則に明確に副業禁止とは書いてありませんでした。

明確に書いていない会社が結構多いのではないでしょうか。

 

しかし、書いてないからといって副業が許可されているわけではありません。

次のような副業は禁止になっていると考えるべきでしょう。

本業に支障をきたす副業
本業の会社の対外的信用を落とす副業
本業の会社の業務上の秘密を公開するような副業
本業の会社と競合する副業
本業の会社に損害を与える副業

 

ちなみに、公務員の場合は副業が固く禁止されています。

アフィリエイトでさえ出来ません。

公務員が出来る副業は

・ポイントサイト

・不動産賃貸業
・株式やFXなどの投資

の3つだけです。

他には家業の手伝い、本業に必要な仕事は許可されていますが、一般的には選択出来ないので割愛します。

フリーメールアドレスを作る

就業規則を確認したら、次はフリーメールを作ります。

すでにどこかのフリーメールを持っている人が多いと思いますが、

副業用に新しくフリーメールを作りましょう。

 

なぜフリーメールアドレスを作った方がいいのかはこちらで説明しています。

【副業の始め方】フリーメールアドレス作成のすすめ - ポケットサラリー

  

ネット銀行口座を開設する

メールアドレスと同じく、銀行口座も副業用に作っておくと便利です。

普段使いの口座と分けるのが目的ですが、利便性の高さからネット銀行をおすすめします。

なぜネット銀行の口座を作った方がいいのかはこちらで説明しています。

【副業の始め方】ネット銀行口座開設のすすめ - ポケットサラリー

 

実践編

副業を選ぶ

準備が終わったらいよいよ始める副業を選びます。

副業の選び方は、金銭的なリスクとリターンによって変わってきます。

それぞれの場合に分けて副業をご紹介します。

 

ノーリスクの副業

無料で副業を始めたい人

僕がおすすめの順に紹介します。

アルバイト(副業が許可されている場合のみ)

チャットレディ(女性限定)

クラウドソーシング

アフィリエイト

LINEスタンプ販売

ユーチューバー:YouTubeで稼ぐ

ツイーピー:Twitterで稼ぐ

ココナラ:知識・スキル・経験を売って稼ぐ

ポイントサイト

などがあり、挙げればキリがありませんね。

アルバイト以外は、基本的に専用サイトに登録して稼いでいく形になります。

ただし、これらの副業はノーリスクですが超ローリターンです。

それなりに稼ぐにはとても時間がかかります。

 

ローリスクローリターンの副業

数千円~数万円ならお金をかけてもいいよという人

サラリーマンだとこのあたりが現実的です。

物販系と投資系の二種類に分かれます。

 

物販系

せどり(転売)

ネットショップ

ハンドメイド販売

 

少額投資系

ソーシャルレンディング

投資信託

債権

株の現物投資

  

物販系は転売が一番簡単だと思います。

ただし、売れそうなものを仕入れるのにお店に足を運ばないといけないのが難点ですね。

ネット転売(オークションサイトやメルカリで安いのを買って高く売る)もありますが、ライバルも多いし、手数料が高いので難しいです。

 

少額投資系は始めるのも簡単で、いつでもどこでも出来るのでサラリーマンにはオススメです。

ただし、景気に左右されるのと、メンタルに左右されるのが難点です。

 

ハイリスクハイリターンの副業

多少危険でもお金を手っ取り早く増やしたい!という人

ハイリスクハイリターンと聞くと、中々手は出ないものですが、

「少ないお金で簡単に儲けられる!」と聞くと、手を出す人が結構いるんですよね。

・株の信用取引

・FX

先物取引

オプション取引

これらに共通しているのはレバレッジをかけられるということです。

レバレッジとは少ない資金で大きな金額が可能になる仕組みの事です。

僕はこれで大損しました。気を付けましょう。

  

番外編:ハイリスク・ノーリターンの副業

副業を探していると「誰でも簡単に!すぐに月10万円稼げます!」などといった副業サイトが沢山あります。

 

よくあるのが、この方法をつかえばすぐに儲かります。

といって高額な情報商材を売りつける手法です。

 

世の中うまい話はありません。

お金をかけたくない人は時間をかける。

時間をかけたくない人は投資する。

副業はこの2択しかないと思います。 

 

副業を行う

副業を選んだら行っていくわけですが、どの副業もいきなり上手くいくとは限りません。

その副業についてよく調べて、自分に合った副業を探すのが一番大切です。

 

確定申告を行う

副業で利益が出たら必ず確定申告を行いましょう。

確定申告を行わないと会社にバレる可能性があります。

詳しくはこちらをご覧ください。


まとめ

副業を始める理由は人それぞれです。

ですが、サラリーマンは本業の安定した収入があってこそです。

本業をおろそかにしないように注意して下さい。

本業に不満がある人はこちらもお読み下さい。

プライバシーポリシー お問い合わせ