ポケットサラリー

株で300万円損した経験を元にサラリーマン向けの低リスクな副業、投資、転職情報をご紹介します。

競馬情報会社からの勧誘電話と詐欺の手口

先日競馬情報会社から電話がありました。

その日は有休で暇だったんでどんな詐欺なのか聞いてみました。

競馬情報会社との電話の内容

()内は僕の心の声です。

男「もしもしオカシンさんですか?」

僕「はい、なんでしょう」

男「オカシンさんは競馬の方はどうでしょうか?」

僕「どうでしょうかと言われても、人生で一度もやった事がありません。」

男「えっ本当ですか!わたしの会社は競馬情報を提供しているんですが、いかがですか?」

(ブログのネタになりそうだから聞いてみるか)

僕「そうですね~、やった事ないからわからないんですけど、どんな(詐欺の)仕組みなんですか?」

男「まず、競馬っていうのは平日に地方競馬、週末に中央競馬ってのをやってるんですよ」

僕「へー(そんな事は知っているから金の話をしてほしい)」

男「中央競馬っていうのは馬の数が多いから中々当たらないんですね。でも地方競馬は馬の数が少ないから当てやすいんですよ。」

僕「なるほど(さっさとお金の話にならないかな)」

男「それでですね、オカシンさんには登録料千円を払っていただきます」

(やっと、お金の話になったけど意外に安いな)

男「そうすると平日の地方競馬の馬券を5000円分買っていただけるんですね」

(ほうほう、それが餌で食いつかせるわけですね)

男「私の会社は完全成功報酬制となっていまして、まず週末の中央競馬の情報をお伝えします。オカシンさんにはその情報を元に馬券を買っていただき当たれば当たった額の3割を私の会社に振り込んでいただければいいだけです。」

 (なるほど、会員数だけ増やしていろんな人に違う予想をして当たった人から3割徴収する気なんだな)

男「どうですか?すごくいい話なのでぜひ登録してくださいよ!」

(いきなり10万とか請求されるわけじゃないからひっかかる人もいそうだけど)

僕「競馬やった事ないんでとても面白い話だなと思いましたけど、興味ないんで」

男「え~、そんな事いわずに~」

僕「興味ないんで切りますね」

男「そうですか~、じゃあまた今度電話しますね!オカシンさんいい人だから俺は諦めませんよ!」

僕「はい、失礼します~」

通話終了 即着信拒否しました。

僕はこの内容を聞いて、個人情報を抜き取る事と、当たった人から3割集める事、が目的なのかと推測しました。

しかし、ネットで調べてみたら、僕の予想の上をいってました。

こういう成功報酬型(後払い)の会社の手口としては以下のような手口が多いようです。

1.登録料1000円と5000円分の馬券で釣って個人情報を抜き取ります。

2.予想をホームページで公開する事にしておきます。

3.公開する時間になったらホームページにアクセス出来ないようにします。

4.そしてレースが終わってアクセス出来るようになったら、今回も的中しました!

とホームページに発表され、的中したから3割よこせ、と連絡が来るそうです。

5.個人情報を知られているので、自宅まで行くぞと脅される。

いやー、詐欺師っていろんな手口考えるんですね。

僕は人がいいので騙されてしまいそうです。

競馬情報会社の手口

ちょっと気になったんで競馬情報会社の手口は他にどんなのがあるのか調べてみました。

ケース1 無料登録

Aさんはネットで見つけた無料情報会社に登録したそうです。

無料情報で様子をみていたけど当たりませんでした。

そこでクレームを入れたところ、「やはり無料情報なので信憑性は低い、ここだけの話だが八百長レースの情報がある。500万は硬い」と言われたそうです。

そして10万円で、その情報を買ったけど当たらず、連絡が取れなくなったそうです。

このケースは今回の電話に似てますね。

安い登録料で登録させておいて後から有料情報を売るんですね。

人間すでに損してると冷静な判断が出来なくなります。

詐欺はそんな心理に漬け込んできます。

気をつけましょう。

ケース2 返金保証

Bさんは無料登録していた競馬情報会社から電話があり、「八百長レースの情報がある。情報量は高いが、外れたら返金保証します。」

と言われ。返金保証してくれるならいいか、と30万円振り込んでしまいました。

その後、予想が外れたので、電話したところ音信不通で連絡が取れなくなりました。

ケース3 長年の研究

Cさんの元に天才数学者を名乗る人から「長年の研究結果を元に8割の確率で万馬券を当てるシステムを開発したので、あなたにはそのシステムの証人になってほしい。一度電話をしていただき、手数料を支払えば週末に買うべき馬券を教えます。」

というダイレクトメールが届きました。

Cさんはそのメールを信じて、電話で言われた手数料5万円を振り込みました。

当然ですが予想は外れます。

すぐにダイレクトメールが届き、「私が開発したシステムが巨大組織にバレ、圧力でレースを変えられた、次回は絶対当たるので信じてほしい」とさらに金銭を要求されました。Cさんはこれを信じさらにお金を振り込みます。

これを繰り返した結果、最後には「巨大組織に私の居場所がバレた、海外に逃亡する」と伝え、連絡が取れなくなりました。

詐欺の手口の特徴

いかがでしょうか?

一部フィクションを交えて紹介しましたが、おおむね真実です。

競馬情報会社の手口として、勧誘された場合、以下の点に注意してください。

1.無料~数千円という安い登録料で個人情報を収集する。

2.その後、絶対当たる情報を仕入れたと言って、金銭を請求してくる。

3.天才数学者やよく当たる占い師、政界関係者からの情報など、信じさせるためにそれらしい肩書を使うのも特徴です。

4.当たったら払ってくれればいいという後払い制

競馬情報会社からの勧誘電話と詐欺の手口まとめ

競馬予想会社は100%詐欺です。

ホームページによっては、「競馬予想会社見分け方」と書いてあり、最後に「こちらは優良予想会社です」なんて書いてあるところもありますが登録させるために親切ぶって書いてるだけなので信じないで下さい。

だって本当に当たるなら自分で買いますよね?

皆さんはくれぐれも騙されないように気をつけて下さい。

詐欺に大金払って無くすくらいなら投資しましょう。

www.pocketsalary.com

プライバシーポリシー お問い合わせ