ポケットサラリー

株で300万円損した経験を元にサラリーマン向けの低リスクな副業、投資、転職情報をご紹介します。

早く気づいて!あなたはブラック企業に洗脳されている!

ブラック企業を実体験してみてわかる辞められない理由7選 - ポケットサラリー

こちらの記事の続きです。

前回はブラック企業を辞められない人の理由をご紹介しました。

辞められないという事はそういう風に思いこまされる=洗脳されている可能性もあります。

あなたが今その会社を辞められない理由はただの洗脳かもしれません、今回は解決するためのアドバイスをご紹介します。

洗脳かもしれない!辞められない6つの理由

洗脳その1.「最低3年働け」新入社員だから辞められない

あなたの会社の経営者や上司に、仕事の相談をしたときに、「とりあえず3年耐えろ」と言われたらあなたの会社はブラック企業かもしれません。

「3年耐えろ」はブラック企業経営者の言い分 ネットの大勢は「さっさと辞めた方がいい」 | キャリコネニュース

この記事のように、ブラック企業の経営者が社員を洗脳するためによく使うフレーズです。

あるいは親や同僚や上司など、働いているとどこかで耳にしたことはあるのではないでしょうか。

これを言う人って根性論者が多いです、「石の上にも3年」ということわざがありますが、そこから来ているんですかね。

ですが「最低3年」に根拠は全くありません。なぜなら世の中には第二新卒という言葉があります。

「第二新卒 転職」でググると、「第二新卒の転職は余裕」とか「第二新卒って一体何? 実は転職しやすい時期だった!?」っていう情報が出てきます。

第二新卒って入社して3年以内の社会人の事です、さきほどの「最低3年」と矛盾してますよね。

僕は2年半くらいで転職して成功しています。

ブラック企業は1日でもいるだけ無駄です、3年間を棒に振る前に転職しましょう。

洗脳その2.転職活動する時間が無い

ブラック企業は長時間残業や休日出勤当たり前だと洗脳します。

そのせいで転職活動をする時間が無いと思っている人が多くいます。

たしかに、転職活動は平均で3ヶ月から6ヶ月くらいかかると言われます。

しかし、勉強みたいに3ヶ月間丸々頑張るわけではありません。

転職エージェントに登録すればエージェントが、自分の代わりに動いてくれます。

エージェントとの面接が難しければ電話面接でも大丈夫ですし、履歴書を一枚書いておけば、エージェントが希望する会社に送っておいてくれます。

面接が決まるまでにあなたがする事は、エージェントとの電話面接、履歴書と経歴書を書く、ネットで希望する会社を選んでエージェントに伝える、の3点くらいです。

すべて仕事の合間でも出来ますよね?

その後は書類審査に通過した企業と、都合のいい日に面接を受けるだけです。

どうしても都合が悪ければ土日に面接してくれる親切なところもあります。

洗脳その3.今の会社が普通だと思いこまされる

・残業代、ボーナスはないのが普通

・2~3か月、まともに家に帰ってない人がいるのは普通

・終電近くまでいても、夜ご飯を食べる時間もないのは普通

世の中にはこんな会社があるようです、ザ・ブラック企業ですね。

僕の友人も長時間残業や休日出勤は普通だと思っています。

気づいて下さい、こんな会社は「異常」です。

これを普通だと思われせるのがブラック企業の洗脳の手口です。

もし、少しでもオカシイと感じたら、友人でも、親族でもいいので相談してください。

同じ会社の人は同じく普通だと思っている可能性があるので、やめときましょう。

もしブラック企業で働いている人がいたら、「それはブラック企業だ」と教えてあげてください。 

洗脳その4.仕事を辞めたら他の人が困るという責任感を持たせられる

ブラック企業は「君がいなくなったら困る」「今は人で不足だから頑張ってくれ」などとあなたに責任感を押し付けてきます。

さらにある程度勤めていると、すぐに課長や係長といった役職を付けてさらに責任感を持たせます。

たいてい部下のいない名ばかり管理職です。

そうして、自分がいなくなったら周りの人が困る、自分がいなくなったら仕事が回らない、と思い込む人が増えていきます。

勘違いしないでください、あなたの代わりは沢山います。

役職があるから責任があるわけではありません、役職を与えて辞めづらくしているだけです。

騙されている事に気づきましょう。 

洗脳その5.辞めないように洗脳される

これは3番と似ているのですが、もっとひどい場合です。

ブラック企業は社員を「都合よく使いやすい人間」に洗脳します。

安い給料で長時間働かせようとします、それが普通なのだと洗脳します。

もし、あなたが洗脳されていると気づけばラッキーです。

洗脳されている時に気づくのは困難だからです。

この場合も他の人が洗脳されていると気づいたら、教えてあげてください。

もしこのブログを読んでいる人で

「残業が月100時間以上は当たり前。」

「休日出勤当たり前」

「ボーナス・残業代無しは当たり前」

「上司や同僚がやたらと「みんな同じ」「みんなやっている」など、「みんな」という言葉を使う会社である」

これらに当てはまる場合、ブラック企業で洗脳されている可能性があります。

すぐに周りの人に相談してください。 

洗脳その6.転職に成功する自信を無くさせる

ブラック企業では「もう辞めたい」と弱音を吐くと、上司や先輩から「辞めてどうすんだ? おまえなんてどこでも雇ってもらえないよ」など、自信を無くさせるような事を言ったりします。

中には「入社後3年以内に辞めたら違約金が発生します」などと、契約書を書かせるところもあるようですが、すべて違法ですので安心して転職して下さい。

さらに、転職する意思を伝えると、様々な引き留め工作をしてきます。

ブラック企業でよくある退職引き止めの5パターン | 転職ガイド | 転職・就職に役立つ情報サイト キャリコネ

リクナビネクストの調査で転職に成功したと思う人の割合を調べたところ下記のような割合になったそうです。

・年収が増えた人の成功率 86%
・年収が変わらない人の成功率 77%
・年収が減った人の成功率 66%

年収が増えたけど失敗というのは贅沢な悩みだと思いますが、驚くべきは年収が減ったけど成功だと感じている人が66%もいる事です。

この事から、年収が上がる確率は4割以上あり、たとえ下がったとしても、6割の人が満足しているという事です。

すでにブラック企業なら、もっと悪くなることはありません。

大きな会社になればなるほど、労働条件もしっかりしていて、残業代、ボーナスもちゃんと出ます。

今ブラック企業で働いている人はすぐにでも転職活動をするべきです。

転職のコツはこちらに書いてありますのでご覧ください。

okashin111.hatenablog.com
 

洗脳されてない?ブラック企業を辞められない人へのアドバイスまとめ

この記事を読んで、少しでも思い当たるところがあればぜひ転職活動をして下さい。

ブラック企業は犯罪です、あなたを騙して、洗脳して安い給料でこき使っているのです。

ブラック企業で働くメリットは全くありません。

勤めながら転職活動をするのがベストですが、転職活動も出来ないほどの長時間労働であれば辞めた方が賢明です。

こちらのマイナビエージェントは登録も利用も完全無料です。登録してみるだけでも色々な会社の情報がわかり、洗脳を解くキッカケになるかもしれません。
首都圏のIT・営業職求人多数。転職ならマイナビエージェント

プライバシーポリシー お問い合わせ