ポケットサラリー

株で損した300万円を取り戻すためサラリーマンが副業、節約、投資などお金を増やす方法を実践していきます。

転職で確実に得られるのは年収アップだけ!他の目的での転職は不確定でギャンブルである

「年収が低い」「仕事内容が不満」「人間関係がうまくいかない」

転職する理由は様々ですが、転職経験者の僕としては年収アップ以外は転職に期待してはいけないと思います。

なぜなら不確定要素が強すぎるから。

僕は2回転職をして、2回とも年収アップに成功しました。

しかし、仕事内容は大して変わらないですし、人間関係はどこの会社に行っても同じようなもんです・・・

サラリーマンにとって本業は副業や投資よりも大切なので年収に不満がある場合はどんどん転職すべきです。

でも人間関係や仕事内容に不満があって転職したい場合は、転職する前によ~~~~~~く考えてみてくださいね。

転職で確実に得られるメリットは1つだけ

転職で得られるメリットとして「人間関係などの不満が解消される」「会社が変わるのでスキルアップが出来る」などが挙げられますが、これらは確実ではありません。

上司に不満があって転職したけど、転職先でも上司とウマが合わない。期待していたい仕事内容と違った、というのは良くある話。

年収だけは裏切らない

その点年収は事前に確認する事が出来るます。

嘘をつかれない限り、転職する前に面談で聞くことが出来ますし、内定したら具体的な金額が提示されます。

提示された金額を見て、期待していた金額と違ったら断ればいいだけですね。

例外は健康面の障害が発生した時

ただし、人間関係や仕事が嫌でうつ病や胃潰瘍とかになったら転職してくださいね。

健康はお金には代えられません。

僕の転職経験、二回の転職で年収アップ

僕は社会人になった時は地元の零細企業でしたが、2回転職して大企業に入れました。年収も350万→450万→650万と増えました。

僕の転職体験談はこちら
okashin111.hatenablog.com

副収入でお金を得るには一般的にものすごい時間が必要ですし、投資でお金を得るにはリスクがあります。

転職はエージェントを使えば、空いてる時間で出来ますし、年収にこだわれば収入が減る事はありません。

大企業でも転職する人は沢山いる

今の会社は大企業なので入って来る人も出ていく人も沢山います。

そういう人達を見ていると、大企業に年収を上げたくて入って来た人はあまり辞めません。

僕もそうですが、多少不満があっても年収が高いので我慢出来るんですよね。

ですが、新卒で入ってる人や、やりたい事があって転職してきた人は結構辞めていきます。

上司に嫌気がさして、部署を移動するも、移動先の部署でもうまくいかず結局会社を辞めちゃった人。

せっかく転職してきたのに2年程度で上司に不満を持ち、また転職してしまった人。

後者の人はベンチャー企業に転職したそうです。

僕はそういう人を見るたびに「せっかく大企業に入れたのにもったいないなぁ」と思います。

確実に年収をアップするために

僕があくまで僕の考えです、参考にするかは自己責任でお願いします。

・年収が下がる転職はしない

これが大前提です。先ほども書きましたが、人間関係とか、仕事内容は入ってみないとわかりません。

年収は入る前にわかるので、面接の時にきちんと確認するようにしましょう。

年収を聞いたから落とすような企業はこっちから願い下げくらいの気持ちでいきましょう!

面談の時に具体的な金額を提示されなくても、内定した時には具体的な金額が提示されますので、納得いかなければ断りましょう。

・年齢の若いうちに転職する。

 出来れば35歳まで、40歳以上でも転職をするだけなら可能だと思いますが、年収アップする求人案件が少ないと思います。

若い人の方が元の年収が低いので年収アップする可能性が高いです。

・仕事を続けながら焦らないで気長に探す

仕事を辞めてしまったら焦りが出ます、年収アップする会社を探す場合、不採用の方が多いと思います。

良い企業に受かるまでじっくり探すためには今の仕事を辞めるのは厳禁です。

・転職エージェントを利用する。

転職サイトではありません、転職エージェントです。

良い例としてリクナビNEXTとリクナビエージェントというサイトがあります。

リクナビNEXTは求人案件があって、自分で行動します。

リクナビエージェントは担当者の方がついてくれて、自分の代わりに動いてくれます。

最初に少しの面談をして、履歴書を登録しておけば、ボタン一つで企業に書類を送っておいてくれます。

仕事を続けながら転職活動するには不可欠です。 

・自分の応募したい企業があったらダメ元でバンバン応募する

→転職エージェントを利用すれば、履歴書一つで複数の企業に沢山応募出来ますので、バンバン応募しましょう。

数うてば当たります。

・気に入らないエージェントだったら変えてもらう

二回目の転職の時、最初に担当になった人は、

ダメ出し、決め付けが多く、やる気が削がれるような発言が多かったので、リクルートの本社に電話して変えてもらいました。

二人目の人はとても良い人でした。

・エージェントの勧める企業でも嫌だったら断る

僕の偏見ですがエージェントは受かりやすい小さい企業を勧めてくる傾向があります。

年収の下がりそうな案件は断りましょう。

・景気のいい時に転職する

最後に書きましたがこれは結構重要だと思います。

当然ですが、求人案件も増え、売り手市場になり転職しやすくなりますので。

僕の場合、1回目の転職の時は小泉政権、2回目の転職の時はアベノミクスと両方とも景気の良い時に成功しています。

悪い時は職があるだけマシ、みんな景気悪いんだ、と諦めがつくんですよね。

しかし、景気が良いのに自分の会社だけ業績が悪いと、不満が募り転職を決意します。両方ともそのパターンでした。

オリンピックまでは景気は良いと思いますので今は絶好のチャンスです。

逆に不景気の時は求人が少ないので成功しにくく骨折り損のくたびれ儲けとなるでしょう。

転職のデメリットにも気を付けよう

・退職金、企業年金が不利になる。

これは仕方ありませんが、年収が上がるメリットの方が大きいです。

そもそも年収が低い零細企業は退職金なんか出ないとこが多いけどね。

・繰り返すと社会的信用が下がる。

一般的には転職を繰り返している人は評価が低くなりますね。

・ローンが通りにくくなる。

転職してすぐはローンが通りにくいので住宅ローンを考えている人は転職する前に買いましょう。

まぁ転職するのに家を買うって転職よりギャンブルですけどね。

転職して得られるのは年収アップだけまとめ

・ 現状の年収に不満のある人は絶対に転職すべき

転職は勇気のいる決断です。

しかし、 サラリーマンである限り、65歳で退職になるまで本業を続けなければなりません。

本業あっての副業や投資だと思うので、お金を増やす手段として、転職を一つの選択肢にしてみてはいかがでしょうか?

 転職エージェントの申し込みはこちら(ご利用は完全無料です)
マイナビエージェント
転職なら求人情報豊富な人材紹介サービスのご利用を!専任のキャリアコンサルタントと話をすることで初めて気付く自分の価値がここにあります!

プライバシーポリシー お問い合わせ