ポケットサラリー

株で300万円損した経験を元にサラリーマン向けの低リスクな副業、投資、転職情報をご紹介します。

株失敗でマイナス300万円!【株式投資の体験談5】

ライブドアショックで大損!【株式投資の体験談1】 - ポケットサラリー

信用取引は危険!損失拡大の恐怖【株式投資の体験談2】 - ポケットサラリー

日経平均先物が大暴落!リーマンショックの結果は?【株式投資の体験談3】 - ポケットサラリー

サーキットブレーカーの恐怖、1日でマイナス100万円!【株式投資の体験談4】 - ポケットサラリー

4の続きです。※2018/10/13追記 長かったので3を分けました。

さていよいよラストです。今まですべて読んでくださった方ありがとうございます。

もちろん、たまたま訪れていただいた方もありがとうございます。

それではあと少しお付き合いください。

ついにおとずれたアベノミクス

東日本大震災で大きな損失を被った僕は、次の日からしばらく先物取引は出来ませんでした。

しかし、どんな傷も時間が経つと癒えるように僕の投資中毒はまた再発しました。

なぜ僕が株式投資をやめなかったかというと絶対に景気が回復する時は来るという考えがあったからです。

景気が回復すれば今までの損は取り返せる!と思っていました。

そしてついにその時が訪れます。

2012年自民党が勝利し安倍政権が発足します。

安倍政権が発足してからはみるみる株価が回復し、8千円台だった日経平均は1万円を超えてどんどん上昇していきます。

僕も日経先物を8千円台で5枚くらい持っていたので2012年は数十万円プラスでした。

ついに年間でプラスになった!ここから損を全部取り返すぞ!

ちなみに2012年に結婚しましたが、新婚旅行中も日経平均をチェックしてました。

もう病気ですね。

痛恨の大失敗

2013年に入っても上昇し続けれる株価。

このままぼろ儲けだ~~!

・・・・・とはなりませんでした。

あまりに短期間に上昇したので、僕は「さすがにそろそろ一旦さがるんじゃね?」と思いました。

そして、そこで今まで持っていた買いポジションを売却。

さらに売りポジションを立てました。

これがまたまた悲劇の始まりでした。

日銀の異次元緩和など、景気がよくなりそうなニュースがどんどん飛び出します。

それに反応して株価はぐんぐん上昇。

2013年3月頃から2ヶ月足らずで日経平均は12000円から15000円超えまであっという間でした。

その間ほぼ下がることなく上がったため僕は売りポジションを解消する事も出来ず、どんどん損失は増えてゆきます。

含み損に耐えきれず、売りポジションを解消した時には安倍政権発足の時に儲かった金額よりも損していました。

マイナス300万円で終焉へ

そして日経平均が1万5千円くらいになった時、僕の株式投資への熱は一気に冷めました。

なぜなら僕が株を続けていた原動力である、いつか景気は回復する!

そこで一気に取り返してやる!

と思っていた夢が消え去ったわけです。

そして2013年もマイナスで終わり、株式投資+日経先物の損失はマイナス300万円を超えました。

僕が株を始めた2005年、日経平均株価は15000円くらいでした。

そして2013年、日経平均株価が15000円に戻った時、残っていたのはマイナス300万円という厳しい現実。
 
今までは損しても、「景気が悪いだけ、景気が良くなれば取り返せる」という何の根拠も無い自身がみごとに砕け散ったわけです。

僕が最後に思った事は「僕に株の才能は無い」でした。

株失敗から思うアドバイス

これを読んで株式投資をこれから始めようと思う人がいるかはわかりませんが、

これから始める人のために僕の敗因を元にアドバイスをまとめておきます。

ただの負け犬の遠吠えですので、参考にするかどうかは自己責任でお願いします。

1.株は余裕資金のみで行う

必ず自分が損しても許せる金額で行いましょう。1円でも負けたくないという人は向いてないと思います。「負けたらキッパリ辞める」くらいの気持ちで臨まないと負けを取り返そうとずるずる続けてしまいます。

ギャンブルで負けている時の思考と一緒ですね。

2.レバレッジはかけない

100万円から1000万円稼いだ株式投資!とかの情報を見かけるかもしれませんが、それは信用取引や、日経先物などでレバレッジをかけています。

レバレッジは少ない資金で大きな金額を動かせるので短期間で利益を出すことが出来ます。

ですが、短期間で損する事もあり得ます。

デイトレーダーであれば短期間が前提なのでレバレッジをかけてもいいかもしれません。

ですが、サラリーマンが副業でやる場合には常に市場を見ていられるわけではないので、気づいた時には大損している事がありえます。

3.現物のみで取引する

じゃあ景気が悪い時勝てなくね?って思った人はポジポジ病予備軍です。

不景気の時は現金に戻して休む。

これが出来る余裕がない人はポジポジ病になると思います。

信用取引は現物取引で十分利益が出せた人がやるべきだと思います。

株失敗でマイナス300万円!【株式投資の体験談4】まとめ

以上で僕の株式投資体験談は終わりです。

この体験談が少しでも皆様のためになると嬉しいです。

僕はマイナス300万円という結果で終わりましたが、投資を否定するつもりはありません。

大きなリスクのある投資は辞めた方がいいというだけです。

今は少額の投資信託以外投資はやっていません。副業や節約で貯めたお金を少しずつ投資信託に回していこうと思います。

当ブログでは、副業、節約についてもご紹介していますので、参考にして下さい。

www.pocketsalary.com

プライバシーポリシー お問い合わせ